トップページ > コンセプト > 楽団規約

楽団規約 Membership Agreements

【前文】 Preface

私達は、音楽を愛好し、仲間とともに楽器を奏し、アンサンブルを愉しもうとする者である。

私達は、技量の程度にかかわらず、音楽への情熱を持ち、主体的に楽器を奏でようとする、すべての者を応援する。よって、私達の仲間に加わろうとする者に、一切のオーディション行為を課さない。

私達は、演奏を通じて音楽に親しむため、ともに励まし合い、切磋琢磨する。音楽的成熟度や技量程度はその者特有の個性であり、個性を尊重し合う私達にとって、未成熟は伸びシロであり、弾けないことは罪ではない。

私達は、集団として活動するにあたり、過度に負荷を強いることをせず、過度に甘えることもない。集団の一員としての自覚を持ち、集団内での調和を図ることを理念に掲げ、ここに自主運営による弦楽合奏団を結成する。

ページトップへ戻る

第1条 総則

第1条(名称)

本団は、アンサンブル・ヴィオ神戸(以下本団)と称し、アルファベット表記をEnsemble vio KOBEとする。

第2条(所在地)

本団は、所在地を団長の住所とする。

第3条(目的)

本団は、前文の理念のもと、その活動を通じて音楽性を高め、親睦を深め、もって各自の音楽活動の充実を図るとともに、音楽による市民の交流と地域の活性化に資することを目的とする。

第4条(活動)

本団は、第3条に定める目的を達成するため、次の活動を行う。
 (1)練習会
 (2)演奏会
 (3)その他必要と認められる活動
2.本団は、演奏会開催翌月の1日から次の演奏会開催当月の末日までを演奏会期とし、これを区切りとして活動する。

ページトップへ戻る

第2条 団員

第5条(団員)

第3条に定める目的に賛同し、所定の手続きを経た者を団員とする。

第6条(権利・義務)

団員は、本団の活動に参加する権利と義務を有する。

2.団員は、本団の活動に必要な費用を負担する義務を有する。

第7条(エキストラ)

第3条に定める目的に賛同し、賛助参加する者をエキストラと称する。

2.エキストラは、原則として第6条に定める権利・義務を有しない。

3.賛助謝礼については、推薦事由を鑑み、幹事会において決定する。

第8条(入団)

入団を希望する者は,入団を希望した日から原則2か月間練習に参加した後、最終意思確認として所定の届出書を提出し、幹事会の承認を受ける。

第9条(休団・復団)

休団・復団を希望する者は、所定の届出書を提出し、幹事会の承認を受ける。

2.休団者は、原則として第6条に定める権利・義務を有しない。

3.休団期間は、原則として当該演奏会期末までを限りとし、延長を希望する際は、所定の届出書を提出し、幹事会の承認を受ける。

第10条(退団)

退団を希望する者は、所定の届出書を提出し、幹事会の承認を受ける。

2.前項の手続きを経ずとも、幹事会の決定により、退団とみなすことがある。

第11条(除名)

本団の秩序を著しく乱す行為、または本団の信用を失墜する行為を認められる団員は、総会の議決により、本団から除名されることがある。

ページトップへ戻る

第3条 機関

第12条(局・幹事)

第3条に定める目的を達成するため、本団に次の運営局および幹事を置く。
 (1)統括局
  :統括局長(団長)、インスペクター(副団長)
 (2)音楽局
  :音楽局長(団内指揮者)、コンサートマスター
 (3)事務局
  :事務局長(マネージャー)、会計、演奏会実行委員長、演奏会実行副委員長

2.幹事は、定例総会で互選により選出し、演奏会期を任期とし、期中の改選は幹事会に委任する。

3.幹事の兼務および再選は、これを妨げない。

第13条(係)

第3条に定める目的を達成するため、第12条に定める運営局に次の係を置く。
 (1)音楽局
  :パートトップ、楽譜
 (2)事務局
  :パートリーダー、会場、WEB、広報、レクリエーション、演奏会実行委員

2.係は、幹事会で選出し、演奏会期を任期とし、期中の改選は幹事会に委任する。

3.係の兼務および再選は、これを妨げない。

4.幹事会は、必要に応じて係を増設し、選任する。

ページトップへ戻る

第4条 意思決定

第14条(意思決定)

本団の意思決定機関として、総会と幹事会を設ける。

2.総会の議決は、幹事会の決定に優先する。

第15条(総会)

総会は、全団員をもって構成し、団長が1週間前までに招集し、開催する。

2.総会の議決は、委任状を含む団員の過半数をもって決する。

3.定例総会は、毎演奏会期初に開催する。

4.臨時総会は、団員の発議を受けて随時開催する。

第16条(幹事会)

幹事会は、幹事および有志団員をもって組織し、団員の発議を受けて随時開催する。

2.幹事会の決定は、出席者の協議により行う。

ページトップへ戻る

第5条 会計

第17条(会計報告)

本団は、活動内容精査のため、定例総会で直近演奏会期の会計報告を行う。

2.団員から請求があった際は、随時会計状況を開示する。

第18条(会計監査)

会計監査は、総会の承認をもってこれに替える。

2.団員から請求があった際は、請求者を含む団員2名以上による臨時監査を行う。

第19条(費用負担)

本団の収入として、団員は、団費、演奏会費、その他の費用を負担する。

2.団費は、入団翌月分から退団もしくは除名前月分までを納める。

3.演奏会費は、幹事会にて決定する。

4.その他の費用は、必要に応じ、幹事会にて決定する。

ページトップへ戻る

第6条 改正

第20条(改正)

本規約の改正は、幹事会または3分の1以上の団員の発議により審議する。

2.改正案は幹事会ならびに有志団員によって作成し、総会において団員の過半数の賛成をもって議決する。

附則

本規約は、平成22年6月1日から施行する。

附則(機関再編)

この改正規約は、平成24年12月9日から施行する。

附則(全面改正)

この改正規約は、平成28年8月1日から施行する。

ページトップへ戻る

細則 Detailed Regulations

第4条(活動) - (1)

a.定例練習会は、原則毎月2回、神戸市内または阪神地区で開催する。

b.臨時練習会は、定例練習会とは別に、必要に応じ開催する。

第4条(活動) - (2)

a.定期演奏会は、原則5月日曜午後、神戸市内または阪神地区で開催する。

b.その他演奏会は、団員発議により総会で承認した際に臨時開催する。

c.演奏曲目は、団員意見を集約し、演奏効果や難易度を勘案し選出する。

第8条(入団)

本団は、明確な定員を定めず、幹事会の提唱する適正人数内で入団を承認する。

第12条(幹事) - (1)

統括局は、本団の活動全般に関する統括役を担い、以下2名の幹事を置く。

統括局長
(団長)
本団の代表として、本団の活動全般を主催・統括する
インスペクター
(副団長)
団長を補佐し、本団の活動全般を推進・統括する

第12条(幹事) - (2)

音楽局は、本団の音楽演奏に関する推進役を担い、以下2名の幹事を置く。

音楽局長
(団内指揮者)
本団の音楽統率者として、演奏活動全般を企図する
コンサートマスター
(副団長)
本団の演奏実践者として、演奏活動全般を推進する

第12条(幹事) - (3)

事務局は、本団の運営実務に関する執行役を担い、以下4名の幹事を置く。

事務局長
(マネージャー)
本団の運営面の統率者として、運営実務全般を司る
会 計 本団の会計面の統率者として、会計実務全般を司る
演奏会実行委員長 本団の演奏会実行責任者として、開催実務全般を司る
演奏会実行副委員長 演奏会実行委員長を補佐し、開催実務全般を推進する

第13条(係) - (1)

音楽局に、以下の係を置く。

パートトップ 高弦・中弦・低弦それぞれの音楽演奏面でのリーダー
楽 譜 本団所蔵の楽譜の管理、購入、配布

第13条(係) - (2)

事務局に、以下の係を置く。

パートリーダー 高弦・中弦・低弦それぞれの運営実務面でのリーダー
会 場 練習会、演奏会、その他活動の会場確保
WEB 本団公式ホームページの運営管理、WEB対応全般
広 報 本団の広報活動全般
レクリエーション 本団のレクリエーション活動の企図、開催実務全般
演奏会実行委員 本団の演奏会実行に関する開催実務全般

第19条(費用負担)

a.費用負担について、金額および使途は以下の基準による。

団 費 金額 :1,500円/月
使途 :会場費、譜面手配費など、通常活動費に充当
演奏会費 金額 :幹事会決定による
使途 :会場費、賛助謝礼など、演奏会開催費に充当
その他費用 金額 :幹事会決定による
使途 :幹事会決定内容に充当

b.納入は現金払いとし、月払いもしくは演奏会期を超えない範囲での前納とする。

第20条(改正)

本細則の改正は、団員の発議により、幹事会で審議、採択、施行する。

附則

本規約は、平成28年8月1日から施行する。

平成29年6月20日 第4条(活動 )−(1)改訂

ページトップへ戻る
Copyright(C) vio事務局 All Rights Reserved.